2016年09月25日

RazerがXbox 360用アーケード

ワールドワイドでβテスターを募集 2011年9月15日から18日の期間、幕張メッセで開催されている東京ゲームショウにて、海外の周辺機器メーカーRazerが発表会を開催. 同社初となるXbox 360用アーケードスティックを開発中であること発表した. この発表に合わせて200人のβテスターの募集も開始した. 応募は同社の公式サイトで受け付けている. イベントでは、まずRazerのAssociateManegerであるヒールマー氏が登場. 通訳を介して「我々は、もともとシンガポールで事業を興しましたが、現在は世界各地にオフィスを持つ周辺機器メーカーです」とあいさつし、「東京ゲームショウへの出展は2回目になりますが、今回は弊社初のXbox 360用アーケードスティックを発表することができ、前回とはくらべものにならないほど興奮しています」と続けた. また、発表会の場を東京ゲームショウに選んだ理由は、「世界でも格闘ゲームが盛んな日本のユーザーを大切にしたいといった思いがあったからです」と語った. 続けて、このアーケードスティックは、「ユーザーとともに最高のものを作りあげたい」という考えから、ワールドワイドで200名程度のβテスターを募集し、そこから意見を収集. そしてユーザーの要望を最大限に活かしたアーケードスティックに仕上げていくとのこと. ちなみに、βテスターには、プロゲーマーの意見を参考に開発した試作品が提供されるという. ヒールマー氏は、試作品を手にとり、製品の構造を解説. 今回のアーケードスティックは、ユーザーが改造することを前提としているため、上蓋を開くことでレバーやボタンの入れ替えが簡単に行えるようになっている. また、アーケードスティック専用のドライバーが付いており、天板の張り替えも手軽に行える. そのため、天板を入れ替えることで、ボタンの配置も自由に変更できるとのこと. レバーやボタンは三和製のものを使用. 上蓋を開閉できるので、カスタマイズが簡単. スティックの中には、USBケーブルやボタンを収納するスペースがある. ヒールマー氏ミニインタビュー ――価格はどのくらいを想定していますか? ヒールマー氏(以下、ヒールマー) まだ、βテストの段階なので価格がどの程度になるかは、βテストを経て完成が見えてこないとわかりません. ――現在、日本国内ではホリやマッドキャッツといったメーカーのスティックが主流となっているが、この中に食い込んでいく自信はありますか? ヒールマー もちろん、自信はあります. そのために、ユーザーの意見を広く取り入れて最高のスティックに仕上げるつもりです. また、我々の製品はカスタマイズすることを前提としていることが特徴です. たとえば、他メーカーではスティックの中身を開けると保障の対象外となりますが、同社の製品ではカスタマイズすることを前提としているので、上蓋を開けてもマザーボードさえいじらなければ、保障の対象外とはしません. そういった部分で他メーカーとの違いを出せると思います. ――シンガポールは格闘ゲームが盛んな国とうかがったのですが? ヒールマー はい. とても盛んです. 実際に試作品の開発段階では、シンガポールのゲーマーの意見も反映しています. 発売はまだ先になると思いますが、ぜひ楽しみにしていてください. ※βテスターの募集人数が500人と表記されていましたが、正しくは200人です. 読者、並びに関係各位にご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、訂正させていただきます. (2011年9月20日20時30分更新).

午前】6時58分、官邸. 7時、加藤官房副長官. 8時4分、安全保障会議. 28分、閣議. 43分、農林水産業・地域の活力創造本部. 54分、国会. 59分、自民党の中谷元、岩屋毅両衆院議員. 9時1分、衆院国家安全保障特別委員会. 11時13分、途中退席. 17分、官邸. 25分、ライオンズクラブ国際協会のパーマー会長. 福田達夫自民党衆院議員同席. 42分、シュバイツァー日仏パートナーシップ仏外相特別代表. 上月外務省欧州局長同席. 【午後】2時36分、パーニー・ヤトトゥ東南アジア諸国連合(ASEAN)議員会議議長ら. 55分、外務省の斎木事務次官、松富国際情報統括官. 3時26分、古沢財務官. 4時35分、衆院第1議員会館. 37分、超党派議員連盟「創生日本」の東京研修会に出席し、あいさつ. 49分、岸信夫自民党衆院議員. 53分、官邸. 5時、北村内閣情報官. 7時8分、国会. 9分、衆院本会議. 11分、自民党の佐藤国対委員長. 13分、河村選対委員長. 14分、町村信孝インテリジェンス・秘密保全等検討プロジェクトチーム座長. 17分、細田幹事長代行. 26分、山口泰明衆院議員. サッサッカー用品通販カーグッズ 8時14分、官邸. 報道各社のインタビュー. 27分、公邸. 各府省庁政務官と食事. 菅官房長官ら同席. 9時32分、全員出る. 4人マルチプレイを実機で披露! 2012年9月21日、SCEブースで開催された一遊入魂ライブ『 SOUL SACRIFICE(ソウル・サクリファイス) 』の模様をリポートする. 巨大スクリーンでプロモーション映像が流れたあとに、壇上に登場したのは、本作のコンセプター稲船敬二氏. 今回の東京ゲームショウ2012でついにプレイアブル版が一般公開されたことについては、「皆さんから反応を頂いて、非常にいい手応えを感じている」とコメント. そして、4人マルチプレイの実機プレイを「実際にお見せします」というわけで、開発陣によるデモプレイがスタート. プレイしたのはTGS2012に出展されているステージ. 雑魚を倒しながら短めの道中を超えると、すぐに巨大ボス戦に. ボス戦では、さまざまな魔法や、本作の特徴的なシステムでもある瀕死の仲間プレイヤーを生贄にする場面も披露. 最後はこの生贄の力でサラマンダーを召喚し、ボスを撃破した. 最後に稲船氏は「作り込まれたアクションに、人の心を揺さぶるような背景、ストーリーを組み合わせることで、闘う意味などを表現した作品になっています. ぜひ今回のTGSでプレイして頂いて、それを感じてもらいたい. 」と締めくくった.
posted by OgawaBunko at 07:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: