2016年08月04日

広島・前田健浅未佑子、執念の白星 楽天、反撃及ばず

2日、広島4―3楽天) 広島・前田健は執念の投球だった. 直球の走りも、変化球の制球も本調子ではなかった. 6回までに三塁に走者を背負うこと3度. だが、「点を取るまでは粘り強くゼロでいきたかった」. その援護をもらった8回は2死二、三塁を招くが、テレーロをスライダーで見逃し三振. 気迫で勝った. 前々回登板の日本ハム戦では7回無失点、勝ち投手の権利を持ったまま降板したが9回に4点リードをひっくり返され、続くオリックス戦は、志願の完投も実らず0―2で敗戦. 悔しさばかりが募っていたが、今季最多125球を投じ、5月6日以来の白星をもぎとった. 「勝ちの瞬間が一番うれしい. 久しぶりに味わえたうれしさだった. エアジョーダン スエアジョーダン スニーカーニーカー 生活習慣病を防ぐために2008年度から始まった特定健診(メタボ健診)の10年度の受診率は、43%だった. 前年度の41%よりわずかに伸びたものの、「12年度に7割」とする厚生労働省の目標には、ほど遠い状況だ. 厚労省が7日、速報値を公表した. メタボ健診は、生活習慣病の予防で医療費の増加を抑えるねらいで導入された. 40~74歳を対象に、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に主眼を置いた健康診断や保健指導をするよう、企業の健保組合や市町村の国民健康保険などに義務づけている. 10年度の対象者は5219万人だったが、実際に受診したのは2259万人. 受診率は公務員が加入する共済組合が71%、大企業の社員らの健保組合は68%と高かったが、中小企業の社員らの協会けんぽは35%、自営業の人らが入る市町村国保は32%にとどまった.
posted by OgawaBunko at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。